×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



京成電鉄 本線


京成電鉄 トップページ

京成電鉄
『本線』

上野から成田空港を結ぶ、空港アクセス路線として知られます。
開業年 1912年11月3日 
(押上)曲金(現在の京成高砂)
〜伊予田(現在の江戸川)間が開業
路線距離
(営業キロ)
69.3km(京成上野〜駒井野信号場)第一種鉄道事業者
(駒井野信号場〜成田空港)第二種鉄道事業者
軌間 1435mm
駅数 42駅(京成上野〜成田空港)
複線区間 「京成上野」〜「青砥」間、
「京成高砂」〜「空港第2ビル」間

複々線区間:「青砥」〜「京成高砂」間
電化区間 全線
備考 東京から千葉県船橋市、佐倉市、成田市を結び、
更には成田空港までを結ぶことから、
『京成電鉄』の基幹路線のみならず、
関東地方の主要機関となっています。

空港アクセス自体は、『成田空港アクセス線』が、
主たるものとなりましたが、
変わらず地元住民にも利用されている大手私鉄の、
重要幹線となっております。

全線で『JR総武本線・成田線』と競合しており、
利便性の高さが求められています。
運行形態 列車種別が多い郊外鉄道の一つですが、
そこまで大きな格差が無いのは、
『成田空港アクセス線』の存在によります。

直通運転を積極的に行う私鉄であり、
『押上線』を介して「羽田空港」へは、
『都営地下鉄浅草線』『京浜急行本線・空港線』
を会し、また、『北総電鉄北総線』を直通運転して、
『成田空港アクセス線』経路の一部でもあるのです。

かつては『京成スカイライナー』が走っていましたが、
現在は『シティライナー』という名に姿を変えて、
走っており、『モーニングライナー』
『イブニングライナー』の運行があります。

京成電鉄 本線01(京成上野〜日暮里)
京成電鉄 本線01(京成上野〜日暮里)



路線図


快速 通勤特急 特急 アクセス特急 快速特急 イブニング・モーニングライナー シティライナー スカイライナー
KS01 京成上野
KS02 日暮里
KS03 新三河島
KS04 町屋
KS05 千住大橋
KS06 京成関屋
KS07 堀切菖蒲園
KS08 お花茶屋
KS09 青砥
KS10 京成高砂
KS11 京成小岩
KS12 江戸川
KS13 国府台
KS14 市川真間
KS15 菅野
KS16 京成八幡
KS17 鬼越
KS18 京成中山
KS19 東中山
KS20 京成西船
KS21 海神
KS22 京成船橋
KS23 大神宮下
KS24 船橋競馬場
KS25 谷津
KS26 京成津田沼
KS27 京成大久保
KS28 実籾
KS29 八千代台
KS30 京成大和田
KS31 勝田台
KS32 志津
KS33 ユーカリが丘
KS34 京成臼井
KS35 京成佐倉
KS36 大佐倉
KS37 京成酒々井
KS38 宗吾参道
KS39 公津の社
KS40 京成成田
KS41 空港第2ビル
KS42 成田空港




京成電鉄 本線01(京成上野〜日暮里)
京成電鉄 本線01(京成上野〜日暮里)

戻る
戻る