×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



京成電鉄 本線01(京成上野〜日暮里)


京成電鉄 本線

京成電鉄
本線

KS01
「京成上野」

京成電鉄の起点、JRとは離れた位置にあります。
駅構造 島式ホーム2面4線(地下駅)
乗り換え
JR東日本(上野駅)に乗り換え→

東京メトロ(上野駅)に乗り換え→
所在地 東京都台東区上野公園1-60 
キロ程 0.0km(京成上野起点)
備考
『京成本線』の起点でありターミナル駅、
しかしながら、『JR』や『東京メトロ』の、
「上野駅」とは離れたところにあり、
少し歩かなければなりません。

駅は上野公園の真下にある形であり、
上野公園には近い場所になっています。
アメヤ横町、ヨドバシカメラ、マルイシティ上野
などには近くなっていますが、
『京成』と『JR』の連絡運輸は、隣の「日暮里駅」
の方が積極的です。

路線バスは、駅の正面口付近に「京成上野駅」
「上野公園山下」の2つのバス停があり、
また上野駅のバスターミナルの利用もできます。



『京成電鉄』の「京成上野駅」は、
『JR』の「上野駅」から少し離れています。



上野公園に近く、そちらの方の利用客が多いようですが、
『JR』からの乗り換えは「日暮里」からの方がずっと多いのです。



「上野駅」から続く界隈です。
人通りも多いのです。



空港直通路線になってからは、
もっぱらそうした理由で『京成電鉄』は宣伝されています。







『京成』の拠点駅の一つですが、わりと閑散としているのは、
次の「日暮里駅」からの方が、
乗り換えが便利だからです。



スカイライナーも始発はこの駅です。







コンコースも日中は静かです。



改札口の様子。
2面4線の地下駅で、ホームはきちんと役割分担しています。







『成田スカイアクセス線』『京成本線』は、
どのホームからも発着します。












地下駅は地下鉄のような様相です。










スカイライナーも発着するため、
ホーム有効長は非常に長いのですが、
その全てが使われることはあまりないようです。















『京成電鉄』の普通車両です。



全通しの運行は上位種別が主で、
普通の運行は、「津田沼」、
長いものでは「うすい」まで向かいます。







特急こと「スカイライナー」は、
2番線からの発着。
特急は1番線の発着など、きちんと規則性があります。















普通列車の「うすい」行きです。







「京成上野駅」から発車します。
途中、上野公園の下を非常に長いトンネルで通っていきます。



やがて地上へと出てきます。







地下から一気に高架へと登っていき、
そして、『JR』とオーバークロスをします。







高架のまま「日暮里駅」へ。
上下線は駅直前で上層と下層に分かれます。



上下二層構造になっている「日暮里駅」です。



トップへ
トップへ
戻る
戻る